【Microsoft 365】テナントとは/ライセンスとは【旧Office 365】

本ページでは、Microsoft 365を利用するにあたって重要な概念である、テナントとライセンスについて紹介します。

目次

  • テナントとは
  • ライセンスとは

テナントとは

テナントとは、Microsoft 365上で管理されるオフィスビルのようなイメージです。
Microsoft 365はインターネットがつながれば、どこからでもアクセス出来るため、テナントというイメージがしづらいですが、明確に分けられています。

テナントが同じか同じでないかの見分け方として、メールアドレスの@以降で判別することが出来ます。
@以降が同じであれば同じテナント、異なれば別テナントです。

例えば、「taro@cloud.com」と「hanako@cloud.com」というメールアドレスの人たちがいれば、その人たちは同じテナントになります。
実は@以降が異なっていても、同じテナントである場合もあるにはあるのですが、基本的には上記の解釈で問題ありません。

Microsoft 365が提供するサービスはこのテナントに基づいて構成されています。
つまり、テナントが異なれば、同じTeamsだとしても環境が異なるのです。

環境が異なる場合、例えば、Teamsではパブリックチームという、誰でも自由に参加できるチームを作成することが出来ますが、この「誰でも」というのは、「テナント内なら誰でも」という意味です。
全世界ワールドワイドで誰でも、というわけではありません。

このテナントの枠を超えるための仕組みがゲスト、もしくはゲストユーザーなどと言う呼ばれ方をするものです。
上記の画像の「It.com」のユーザーが「Cloud.com」のテナントにあるTeamsのチームに参加するためには、ゲストとして「Cloud.com」に招かれなければなりません。

ゲストという仕組みは、一見「It.com」のユーザーが「Cloud.com」のテナントに直接アクセスしているように見えますが、実態は一度「Cloud.com」のテナントに入ってからTeamsなどの各サービスを利用しているのです。

ライセンスとは

ライセンスとは、Microsoft 365にて、どのようなサービスを利用できるのかが決められた許可証になります。
Microsoft 365を利用する人たちは、この許可証をアカウントに紐づけてもらうことで、Microsoft 365の各サービスを利用することが出来ます。

ライセンスはユーザーごとに変更できるため、同じテナントのほかのユーザーが利用しているサービスが自分は利用できない、ということもあり得ます。
これは先ほど説明したテナントの環境が異なるのではなく、ライセンスが異なるのです。

自分に付与されたライセンスを確認する場合は、以下の記事の「ライセンスを確認する」節をご覧ください。

Sponsored Links