【Microsoft 365】Office 365グループとは/Office 365グループの使い方、出来ること【旧Office 365】

本ページでは、Office 365グループの概要について紹介します。

目次

  • Office 365グループとは
  • Office 365グループの利用法

Office 365グループとは

Office 365グループとは、作成時に以下のサービスが同時に立ち上がる機能です。

  • Exchangeの共有メールボックス
  • Exchangeのメーリングリスト
  • SharePointのサイト
  • OneNoteのOneファイル
  • Plannerのプラン

Office 365グループはMicrosoft Teamsのチームに取って代わられた機能であるため、知らなくても別に困らない機能です。
しかしながら、Office 365グループはMicrosoft Teamsのチームの前身となった機能であるため、Office 365グループを理解しておくと、Microsoft Teamsのチームの仕組みがより理解できます。

Office 365グループは、「グループというくくりが存在するならば、そのグループにいるユーザーが利用するであろうサービスも、同時に立ち上げてしまおう」という考えで作られました。

よって、作成されるメールボックスやサイトは、グループ内にいるユーザーだけが利用出来るよう、権限管理されています。
※プライベートモードで作成された場合です。

Microsoft Teamsのチームもこれと同じで、チームメンバーはチームに紐づけられたサイトやOneNoteなどを自由に利用できますが、チームメンバー以外は利用できません。
これはOffice 365グループの権限管理機能が、Microsoft Teamsのチームの裏で動いているからなのです。

事実、「織田チーム」というチームが存在すれば、「織田チーム」という名前のOffice 365グループも存在します。

Office 365グループの利用法

Office 365グループは、グループというくくりを利用して、権限管理のために流用出来ます。
例えば、SharePointで新しいサイトを利用し、織田信長、豊臣秀吉をサイトに参加させたいとします。

その場合、織田信長と豊臣秀吉に個別に権限付与することも可能ですが、織田信長と豊臣秀吉が参加しているグループがあれば、グループに権限を付与することで、実質的に織田信長と豊臣秀吉にも権限が付与できます。

しかし、グループに権限付与した場合は、グループメンバー全員に同等の権限が付与されてしまうため、思いもよらないユーザーに権限が渡る可能性があります。
グループに権限を付与する際は、メンバーに誰が入っているのか把握してからにしましょう。

Sponsored Links